ビタブリッドcスキン フェイスとの違いを知らなきゃ損するよ


ビタブリッドcスキンとフェイスは何が違うか

ビタブリッドcスキンはデリケートで乾燥しがちのお肌のために。
フェイスに入ってない成分が配合されています。

リニューアルされて配合成分がさらに増えています。

リニューアルしたビタブリッドCスキンの配合成分
アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、セリン、ベタイン、アラントイン、マデカッソシド、加水分解コラーゲン

リニューアルしたビタブリッドCフェイスの全成分
アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、アセチルグルコサミン、ナイアシンアミド、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲン、アデノシン、水、アラントイン

スキンとフェイスに共通して配合されている成分はアスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、アラントイン、水、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲンです。

スキンだけに入ってるのは【マデカッソシド】

マデカッソシドは植物由来の成分です。

セリ科植物ツボクサの根や葉などの全草から抽出したエキスのこと。

このエキスは虎も利用したと言われタイガーバームという
クリームにも入っています。

インドでのアーユルヴェーダではハーブとして役立っています

肌を落ち着かせる作用があると言われます。

ビタブリッドCスキンの詳細を見てみる
↓ ↓ ↓

「ビタブリッドC」スキン お試し

フェイスだけに入ってるのは【アデノシン】と【ナイアシンアミド】

アデノシンは多くの育毛剤に配合されています。

ハリや弾力をサポートする働きが期待できます。

ナイアシンアミドは最近になって注目度がアップ。

年齢を重ねることでできる線のケアをしてくれます。

ビタブリッドCフェイスの詳細はこちら
↓ ↓ ↓

⇒ビタブリッドCフェイスの詳細はこちら

ビタブリッドcスキンを顔に使っても良いか

ボディ用ということですがフェイスのように顔に使えるか
公式サイトで調べてみました。

結論は顔に使えます。

とくにブツブツや日焼けによる悩みにはスキンの方が

おすすめということです。

もちろんフェイスの方を体に使ってもいいです。

ビタブリッドcスキンの口コミ

ビタブリッドCスキンはアットコスメの口コミでも7点満点中、5.3点という高評価。

ビタブリッドCスキン成分情報

ビタブリッドCスキンに配合されている成分の中で一番配合濃度が
多いのが純粋なビタミンC。

その次に多いのが酸化亜鉛。

この酸化亜鉛はミネラルです。
純粋なビタミンCを壊さないために包んでいます。

パウダーも容器使いやすくリニューアル

ビタブリッドCスキンもフェイスも使いやすく改善されています。これまでダマになって出にくい、と口コミでも残念がられていたのですが、パウダーが微粒子化し容器には特殊セラミックボールを入れていますから、ダマになりにくくサラサラとした使いやすさをキープ。使う前によく降るとさらに使いやすいですよ。

このように成分がプラスされて使いやすくなったのでお値段も高くなったのでは・・・と心配しましたが安心してください!価格はそのままになってました。良かったですね。

しかもお試し価格も変わっていません。ビタブリッドCフェイスもスキンも初回のお試しがお得なので一度試すには損はないでしょう。

初回限定のお試し価格で購入するには定期コースに申し込む必要がありますが、約束事や縛りがない自由なコースなので気軽に使ってみることができます。ここだけの話、1回お試しして2回目はストップ、変更することもできますよ。

でもこのお得な定期コースに登録して激安価格でお試しできるのは人数に限りがあります。気になるなら早めにチェックしたほうがいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました