ビタミンc誘導体の化粧水で肌荒れする 原因を知ってびっくりしたこと

ビタミンCを配合した化粧水がいいと聞いたことがあります。

そこでビタミンC誘導体が入っている化粧品を使い始めたところ、

肌荒れしたという意見があります。

調子を整えようと使ったのに逆に悩みが増えたというのは困りますね。

その原因はどうしてなのか調査してびっくり。

ビタミンC誘導体の化粧品で肌荒れする原因


ショックな女性

ズバリ結論をいうと乾燥と浸透してないことが原因。

乾燥が続くと外からの刺激をブロックする働きが低下し

刺激に反応しやすくなるからです。

それとビタミンc誘導体は角質に浸透し酵素と反応し

はじめてビタミンcに変化。

角層に入らず表面に留まったままだと逆効果に・・・・

乾燥が原因でトラブルが起こった場合は使用を中止して

しっかりと保湿をしましょう。

乾燥や浸透しないこと以外に配合されている成分に

合わないものが入ってることがあります。

購入前に成分チェックが必須ですね。

初めて使う際はパッチテストを忘れてはいけません。

ビタミンC誘導体の働きをしっておきましょう

お肌への働きとしては大きく2つにあります。

「オイリー肌を整える」と「日焼けのケア」です。

皮脂の分泌が多いと悩みが増えてきます。

オイリーな肌といえば思春期が想像できますが、大人になっても

油断は禁物です。

水分が不足し乾燥が続くと、皮脂を出して補おうとし

過剰に分泌されることに・・・・。

大人になってもオイリーな悩みを繰りかえすときは乾燥ケア。

ビタミンcで整えながら保湿を念入にしましょう。

逆に乾燥肌でビタミンC化粧品を使うには保湿成分がしっかりと

プラスされたものを選ぶか念入に保湿をしておきましょう。

乾燥対策に便利なのがビタブリッドCフェイスです。

プロテオグリカンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が

たっぷり入った化粧水や美容液に混ぜて使えるので便利。

ビタミンCは肌の表面に留まったままでは乾燥を引き起こすことがあります。

でもビタブリッドCはイオン交換方式という独自の技術で

角質層に導かれやすく作られています。

詳細を見てみる
↓ ↓ ↓

無防備な日焼けも悩みが増える原因の一つ。

目に見えないから油断しがちな紫外線は部屋の中に

入ってくることがあります。

外出しない日も日焼け止めを塗ることを習慣にしましょう。

アウトドアなどでうっかり日焼けをしてしまったら、ビタミンc化粧品で

すぐにケアし予防することが大切。

ビタミンc誘導体の種類を知っておきたい

思春期と乾燥による悩みに対応する種類が違うことがあります。

大きく分けて下記の3種類あります。
「水溶性ビタミンC誘導体」「油溶性ビタミンC誘導体」「APPSアプレシエ」。

水溶性ビタミンC誘導体は肌の表面に留まりやすいので
オイリーな肌には合うと言われます。

しかし、乾燥肌ではさらに乾燥し肌荒れが起こることも・・・・

油溶性ビタミンC誘導体は角層まで浸透しやすいと言われます。

APPSアプレシエは水溶性、油溶性のどちらの働きも持っています。

肌の乾燥からくる悩みには油溶性やAPPSを配合したを選びたいですね。

ビタミンC誘導体以外の成分もチェックしましょう

化粧品にはいろいろな成分が配合されているはずです。

安いものだと合成の防腐剤などの添加物やアルコールが
入っている可能性が高いですね。

肌がデリケ‐とだと防腐剤やアルコールも刺激になり
トラブルが起こることがあいます。

特に加工してないピュアなビタミンCは壊れやすいので
防腐剤などが入ってないかきになります。

でも最近はバイオ技術の発達でピュアビタミンCも化粧品に
配合できるようになりました。

純粋なビタミンCを配合している化粧品

純粋でピュアなビタミンCを独自の技術で化粧品に配合しているのが
「オバジ」「ビーグレン」「ビタブリッドC」など。

それぞれが独自の工夫をしています。

その中でもビタブリッドCパウダータイプで軽いから持ち運びに便利。

タイトルとURLをコピーしました