目の下が茶色になってたら茶グマ?色素沈着ともいいます

目の下や上まぶたに色がついていませんか?その色が茶色だったら茶グマの可能性が大です。上のまぶただけだったら茶色のアイシャドーを塗らなくてもいいや、って喜んではいけません。もしかしたらもっと濃くなるかもしれまいからです。

茶グマは色素沈着とおなじこと。

クレンジングをしてファンデーションやアイシャドーを落としてしっかりと洗顔をしても目の下やまぶたがいつもブラウン。目の下に色素沈着があると疲れて見られて実年齢よりも上に思われることもあって損です。

黒クマも嫌ですが茶グマもなるべくならなくなってほしいものですね。クレンジングや洗顔の時にアイメイクをしかりと落とそうとゴシゴシやっていませんか?

クマにはいろいろ種類があって原因が全く違います。なにも知らずに良かれと思いやってることが原因だったりすることも・・・・間違った対応をしてしまうとますます濃くなっていくので、ちゃんとした原因を知って対応しましょう。

茶グマや色素沈着がどうしてできるのか知っておきたい

茶グマ(色素沈着)の原因はズバリ!メラニン色素です。内側で発生したメラニンが外へ排出されずにたまってしまったことが原因です。「ちゃんと毎日日焼け止めを塗ってるのにどうしてメラニンがたまるの?」ってちゃんとUVケアをしてると不思議に思いますよね。

メラニンが分泌されるのって紫外線。というのが定説ですが他にもあります。

それが「摩擦」などの肌をこすること。

アイメイクは魅力的に見せるのに大事なお化粧です。アイラインやマスカラ、アイシャドーを使ってガッツリメイクをしてればしてるほど落とす時が大変です。ついクレンジングで目の周辺をゴシゴシトこすってしまいがち。

女性にとってメイクは毎日の生活に欠かせないものですから摩擦が積み重なっていきます。また乾燥を放置しておくとターンオーバーという生まれ変わりのサイクルが遅くなりメラニンが排出されずたまっていきます。

春先の花粉の到来で目がかゆいからこすってるといつのまにかクマが・・・・・などの肌荒れや刺激でもメラニンは分泌されます。

このように茶グマの原因は意外にもたくさんあったんです。

目の周辺の皮膚は頬や額、アゴなどに比べると非常に薄くてデリケートです。ちょっとした刺激がトラブルに発展しやすいでしょう。

一度できてしまった茶グマや色素沈着はもとに戻らないの?ってあきらめるのは早いです。

茶グマ(色素沈着)の対処方法

先にも書いたように茶いろのクマは色素沈着ですから美白することでマシになる可能性があります。手っ取り早く美白するならハイドロキノンたトレチノインですが刺激や副作用の心配があるのでデリケートな目元にはオススメできません。

ビタミンCスキンケアで美白

刺激が少ない美白成分はビタミンCやアルブチンなどもあります。特にビタミンCはすでにできてる色素沈着を還元する働きも備わってると言われますし未来に向けての予防もかねてくれます。

ビタミンCはデリケートな成分なのでほとんどがビタミンC誘導体に加工されてスキンケアに配合されています。でも還元作用が高いのはやはり純粋なビタミンCです。

>>>純粋なビタミンC配合のスキンケアはこちら

こすらずメイクオフできるクレンジング

アイメイクを落とすことはお化粧をしていたらどうしてもクレンジングは必要なことです。でもできるだけこすらずに落とせるものを選び摩擦を避けましょう。

こすらずなでおちでメイクオフができると評判なのがファンケルのマイルドクレンジングオイルです。リニューアルされてますます激落ちになったようですよ。まだ使ったことがない場合は1か月分を500円でお試しできるキャンペーン中なのでおすすめです。

マイルドクレンジングオイル500円キャンペーン
↓ ↓ ↓

マイルドクレンジングオイル【トライアルボトル】

乾燥を防ぐ保湿スキンケアで茶グマ対策

乾燥をそのままほおっておくと実年齢以上に肌老化が早まり、くすみ、シミ、色素沈着、シワ、たるみなどが加速してしまいます。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの配合してるスキンケアを使ってるのに乾燥する・・・・・という場合は細胞そのものの再生力が低下してる可能性が・・・・・

細胞が衰えてる段階で保湿成分を外から補充しても根本的な改善にはなりません。細胞を活性化させる成分が必要です。それが成長因子やヒト幹細胞を配合したコスメです。

特に最近注目されてる卵子幹細胞コスメはヒト幹細胞を超えた!と評判です。再生医療研究所が開発した卵子幹細胞を使ったコスメが初回限定65%OFFでお試しできます。

初回65%OFFの詳しい情報はこちら
↓ ↓ ↓

再生医療研究所グループが開発!

タイトルとURLをコピーしました