ハイドロキノンとトレチノインをネット通販で購入できる?

美白成分

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれる美白成分です。濃度が2%以下の低いものは市販の化粧品にも入ってるから気軽に買えるもの。

でも、もっと早くシミを消したい。そんなときに皮膚科で処方されるのが4%という高濃度ハイドロキノンとトレチノインです。

ハイドロキノンとトレチノインを遠隔診療でネット通販
ゼオスキンヘルスケアで美肌を取り戻す

正規販売クリニックの詳細は以下の画像をクリック
↓ ↓ ↓

オバジ ゼオスキンヘルス

ハイドロキノンとトレチノイン化粧品をスマホの遠隔診療でゲット

皮膚科にいく暇がない・・・ネットで購入できたらいいな。なんて考えたことはありませんか?面倒だから海外から個人輸入して買っちゃお~っていうのは危険きわまりないNG行為です。

海外のものには副作用の強いハイドロキノンや日本では低品質の成分が入ってる可能性があるからです。

また偽物ということもありとても危険なチャレンジになりますよ。

自己流の使い方では副作用や白斑が起こることもあるので高濃度ハイドロキノンとトレチノインの組合せでケアするのも注意。

安心して使うことができる通販があったとしたら・・・・・と探してみたらスマホアプリを使ってビデオ通話で自宅にいながら診療し処方してくれるクリニックがあることがわかりました。

しかもアメリカで有名なオバジのハイドロキノン化粧品の正規販売クリニックです。

 

オバジ ゼオスキンヘルスケア スマホのビデオ通話で診察

カウンセリングやアドバイス、使い方の注意点などをしっかりと説明してもらえるし、使用中に問題が起きたリ疑問があればビデオ通話で相談できます。

定期的な診察も自宅にいながらできるので近くに皮膚科がない時に助かります。
オバジのハイドロキノンといえばあの松田聖子さんも「アメリカでやって美肌をゲットしたとうわさされてますね。

ニューダームというプログラムがありますが、最近ゼオスキンヘルスケアというプログラムも登場しています。
どちらも4%以上のハイドロキノンとトレチノインが入った化粧品を組み合わせて悩みが多い肌を再生していくプログラムです。

ハイドロキノンというと美白、というイメージですがオバジのゼオスキンでケアするとシミ以外の効果藻期待できるそうです。

⇒ゼオスキンヘルスケアのネット購入を見てみる

ゼオスキンヘルスケアで期待できる効果

ゼオスキンヘルスケアで対応できる肌の悩みは

・シワ
・シワ
・キメ
・毛穴
・弾力
・ハリ
・色ムラ
・くすみ
・乾燥
・ニキビ
・ニキビ跡
・アトピー

肌の悩みすべてに対応してくれると言ってもいいくらいですね。

市販の化粧品では届かない真皮層に働きかけ細胞レベルから再生をしていくスキンケアだからできることです。トレチノインで衰えているターンオーバーという肌の再生を促し古い角質をはがします。

ハイドロキノンでシミやくすみを漂白、という二つの成分の相乗効果が悩み解決に導いてくれます。シミやくすみ、色ムラが積み重なっている古い皮膚をはがせば赤ちゃんの時のようなきれいな肌を顔だすので透明感が実現。

小じわや目立つ毛穴にもサヨナラ。皮膚の抵抗力アップでアトピーやニキビにもサヨナラ。

結果が出る途中段階で皮剥けや赤み、ピリピリなどの反応が出ることがあるので必ず専門のクリニックで指導を受けながら行いましょう。

スマホアプリを使った最新のビデオ通話による遠隔診療で自宅にいながら診察してもらいネット購入ができるようになりました。
⇒ゼオスキンヘルスケアのネット購入を見てみる

 

美白成分で危険なものは使っちゃダメ

以前、白斑で話題になったカネボウ化粧品。美白化粧品に配合されてロドデノールが美白成分で危険と言われる代表的なものです。「ロドデノール」は白樺の樹脂に含まれている成分を利用しカネボウが独自に開発し2008年に厚生労働省が認可した医薬部外品だったんです。

あのうるさい厚生労働省が認可しているなら安全と思われてたようですね。

使った人の中にはちゃんと美白できたらしく多くの人が利用してきたのですが、長期使用で白斑が起こるという副作用があるとは想像していなかったでしょう。

 

ロドデノールの美白の仕組み

紫外線や摩擦などのダメージで分泌されるチロシンとチロシナーゼが結合するとメラニン色素が生成されます。ロドデノールとチロシンは化学構造がかなり似てるのでチロシンより先にチロシナーゼと結合しメラニン生成をブロック。

さらにチロシナーゼ自体を分解したりメラニンの生成量を低下させる働きがあります。

しかし、ロドデノールとチロシナーゼが結合した後にです物質が過剰になると皮膚細胞にダメージを与え必要なメラノサイトがなくなって白斑が起こるそうです。

 

使用した人のすべてに白斑が起こったわけではなく個人差があります。

 

でもカネボウ化粧品は白斑事件からロドデノールを美白化粧品に配合していません。でも他の化粧品メーカーではロドデノールを配合してるものがあるので購入前に成分チェックをしておきましょう。

 

ハイドロキノンは危険な美白成分?

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど有名です。正しく使えば悩みを解決してくれるでしょう。高濃度のハイドロキノンは使用する際に医師の説明や処方が必要です。自己流の使い方をしたり長期使用は危険です。

一定期間使ったら何か月か使用を休むことが必要です。

それを守らずに長期間にわたって使い続けると白斑が起こることも・・・・・・またハイドロキノンが合わない肌質もありますから、かぶれや赤み、じゅくじゅくした湿疹のようなものなどが続く場合は使用をやめましょう。

 

ハイドロキノンの濃度に注意

たとえ医師の処方でも日本では濃度は5パーセント以下に決められてるのでそれ以上の濃度のハイドロキノンを購入することはできません。クリニックでの処方されたものは基本的に安心です。

でも海外から個人輸入した場合は5%以上の濃度のものがあります。日本女性と海外の女性では肌の質が違うので安易に個人輸入しないようにしましょう。

海外のものは濃度が濃いだけでなくまがいものや品質が悪いものが混ざってる可能性があります。海外のものを使って副作用やトラブルが起きた場合、どこも保証してくれません。

皮膚科に通うなどのムダな手間や費用が掛かることもあるので面倒でもクリニックで処方してもらいましょう。

最近は遠隔診療での処方を行ってる皮膚科やクリニックも増えてきたので、これからは便利になるのではないでしょうか。

ハイドロキノンで美白するなら遠隔診療でネット通販できるオバジ ゼオスキンヘルスケアがあります。日本用に製造されたものが正規販売クリニックで購入できます。

ゼオスキンヘルスケア正規販売クリニックに問い合わせてみる
↓ ↓ ↓

オバジ ゼオスキンヘルス

 

タイトルとURLをコピーしました