ビタブリットCスキン ビタブリッドCフェイスと違う成分は?

ビタブリッドCの成分


ビタブリッドCスキンとフェイスの成分の違い

 

デリケートで乾燥しがちのお肌のためのビタブリッドCスキンにはビタブリッドフェイスにない成分が配合されているのを知っていますか?アットコスメの口コミでも7点満点中、5.3点という高評価をもらっています。その高評価のビタブリッドCスキンがさらに進化しています。

 

以前のビタブリッドCスキンに新しい成分を配合してリニューアルしています。マデカッソシド、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲンがプラスされています。

 

純粋なビタミンcはコラーゲンの生成をサポートする働きがあります。そこに加水分解コラーゲンが入っているので、さらに相乗効果が高まりハリと弾力アップが期待できるでしょう。

 

リニューアルしたビタブリッドCスキンの配合成分

アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、セリン、ベタイン、アラントイン、マデカッソシド、加水分解コラーゲン

以前のビタブリッドCスキンの全成分
アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、アラントイン、安息香酸

このようにリジューアル前よりも4種類増加しています。ビタブリッドCフェイスもリニューアルしていますので新バージョンでの配合成分の違いと確認しておきましょう。

 

リニューアルしたビタブリッドCフェイスの全成分

アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、アセチルグルコサミン、ナイアシンアミド、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲン、アデノシン、水、アラントイン
以前のビタブリッドCフェイスの全成分
成分アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、安息香酸

ビタブリッドCスキンに入っていてビタブリッドCフェイスに入っていない成分は【マデカッソシド】です。まったく聞いたことがない成分ですね。一体どんな働きや効能があるのでしょうか?

マデカッソシドとは

 

マデカッソシドは植物由来の天然成分です。セリ科植物ツボクサの根は葉などの全草から抽出したエキスのことです。このエキスは昔から薬草として傷ややえどなどの治療に使われてきた歴史があります。

 

インドでのアーユルヴェーダではハーブとして役立っています。【最も重要な若返りのハーブ】とも言われるほどなので、その効果が期待できますね。最近になってWHO(世界保健機構)でも貴重な薬草として認められ、絶滅しないように保護することが必要な薬草として発表されました

インドだけでなく今では世界中から注目されている植物エキスになりました。期待できる効果は抗炎症作用、鎮静作用、皮膚の再生促進作用などです。肌荒れや敏感肌にも対応する成分としても期待度が高まっています。

 

ビタブリッドCスキン成分情報

ビタブリッドCスキンに配合されてい成分の中で一番配合濃度が多いのが純粋なビタミンCです。その次に多いのが酸化亜鉛。この酸化亜鉛はミネラルで純粋なビタミンCを壊さないためにバイオの力で波型にしてビタミンCを包んでいます。酸化亜鉛は皮膚の肌荒れ改善に使う軟膏にも配合されるほどの安全な成分です。

 

スキンとフェイスに共通して配合されている成分はアスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、アラントイン、水、セリン、ベタイン、加水分解コラーゲンです。

ビタブリッドCスキンの詳細を見てみる
↓ ↓ ↓

「ビタブリッドC」スキン お試し

 

逆にビタブリッドCフェイスに入っていてスキンに入っていない成分はナイアシンアミドとアデノシンです。この「ナイアシンアミドとアデノシンについて簡単に説明しておきますね。

ビタブリッドCフェイスの詳細はこちら
↓ ↓ ↓

⇒ビタブリッドCフェイスの詳細はこちら

 

ナイアシンアミドとは

ナイアシンアミドには別名があります。「ニコチン酸アミド」です。水に溶ける性質をもったビタミンB3の一種です。もともとは牛の肝臓や米ぬかなどの動植物から抽出されてましたが、最近はバイオ技術の発達で、β-シアノピリジンから合成することもできます。

スキンケアにも幅広く利用されてますが医療の分野でも利用されているほど安全性がある成分です。

 

ナイアシンアミドに期待できる効果

セラミドの合成を助ける

セラミドは細胞間脂質で保水力に優れた成分です。皮膚の内部の水分を減少させないことが肌トラブルにブレーキをかけることになるので、セラミドはヒアルロン酸やコラーゲンと同じくらい重要な成分になっています。

セラミドをスキンケアに配合するには溶けにくい性質を持っているので高い技術が必要になりますが、ナイアシンアミドは水に溶けやすいのでスキンケアに配合しやすくセラミドの合成を助けることができます。

バリア機能促進

さらに乾燥や老化、ダメージなので衰えたバリア機能もサポートしてくれます。この働きは実証されていますので皮膚の乾燥や肌荒れにブレーキをかける働きがあります。

血行を促進作用

ナイアシンアミドには血行促進の働きもあり、衰えた肌野ターンオーバーを促進したり肌が良い状態に近づくことをサポートします。

メラニン抑制作用

ナイアシンアミドはシミやくすみ、色素沈着の原因になるメラニンの分泌を押さえる働きもあります。その効果は厚生労働省も認可しているので美白成分として頼りになる成分と言われます。

しかしナイアシンアミドだけですでにできてしまったシミや色素沈着を消すことはできません。そこはビタミンCの力が必要でしょう。

その他、コラーゲンと仲が良いのでハリアップが期待できるとか消炎作用もあるのでニキビの炎症を抑制してくれるのではないか、とも期待されています。

アデノシンとは

ビタブリッドCフェイスにはスキンに配合されていないアデノシンも入っています。育毛剤に配合されていることが多い話題の成分ですね。厚生労働省から承認を受けています。その主な働きは『FGF-7』を再生することでしょう。 このFGF-7は真皮層にあるコラーゲンを生成をサポートすると言われています。

 

弾力やハリが失われたお肌にコラーゲンが配合されたスキンケアを塗ってもなかなか浸透しないのが現実です。でもアデノシンはターンオーバーを促進したり肌の細胞を活性化するはたらきがあるので、自らコラーゲンを作り出すお肌にすることが期待できるでしょう。

 

パウダーも容器使いやすくリニューアル

ビタブリッドCスキンもフェイスも使いやすく改善されています。これまでダマになって出にくい、と口コミでも残念がられていたのですが、パウダーが微粒子化し容器には除湿効果に優れている特殊セラミックボールを入れていますから、ダマになりにくくサラサラとした使いやすさが期待できます。使う前によく降るとさらに使いやすいですよ。

 

このように成分がプラスされて使いやすくなったのでお値段も高くなったのでは・・・と心配しましたが安心してください!価格はそのままになってました。良かったですね。

しかもお試し価格も変わっていません。ビタブリッドCフェイスもスキンも初回のお試しが激安なので一度試すには損はないでしょう。

 

初回限定のお試し価格で購入するには定期コースに申し込む必要がありますが、約束事や縛りがない自由なコースなので気軽に使ってみることができます。ここだけの話、1回お試しして2回目はストップ、変更することもできますよ。

 

でもこのお得な定期コースに登録して激安価格でお試しできるのは人数に限りがあります。気になるなら早めにチェックしたほうがいいかもしれませんね。

 

ビタブリッドCフェイスは期間限定お試し詳細はこちら
↓ ↓ ↓

⇒ビタブリッドCフェイスの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました