APPSビタミンC配合の化粧水でニキビに効果あるものを探しています

APPSってニキビに効果ありますか?

 

ビタミンC化粧水でとくにAPPS化粧水でオススメを探している人がいます。繰り返しできるニキビとニキビ跡に悩んでいまるそうなんです。ビタミンCだとAPPSがいいと聞いたので探してるのですがたくさんあり過ぎてどれを選んでいいかわからなくなったので質問されました。本当にニキビで悩んでるので効果をあるものを知りたいそうです。

APPS配合のビタミンC化粧水

APPSはビタミンC誘導体の一つです。別名はアプレシエ。ビタミンC誘導体は他にもいろいろありますが市販で安いものは表面だけでお肌の奥の方に効果があることは少ないということを皮膚科のドクターから聞いたことがあります。浸透するかしないかが鍵。ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があって水溶性は皮膚の表面で、油溶性は皮膚の奥で効果を発揮するといわれます。

APPSは水溶性と油溶性、どちらの要素も持っており、数あるビタミンC誘導体の中でも新型ビタミンCと言われています。さらに浸透型ビタミンCともいわれるほど浸透力が優れているそうです。その浸透力は他の誘導体の約100倍あるとか!

 

コラーゲンのサポートをするビタミンC

ビタミンCの働きはさまざまです。活性酸素を抑制する抗酸化作用や美白作用、ニキビのゲニンになる皮脂を抑制する働きは一般的によく知られていますが、エイジング効果として重要なのがコラーゲン生成のサポートしてくれることです。

 

コラーゲンの生成とニキビは全く関係がないように思えますがニキビが治った後にできる肌の凸凹やクレーターの改善にはコラーゲンが必要です。ニキビそのものは皮膚の表面で発生しますが炎症がひどくなると真皮層まで破壊してしまうからです。真皮層のダメージを改善するには美容皮膚科やクリニックでのレーザー治療がありますが、コラーゲンの増殖も改善にプラスになるでしょう。

 

APPS配合のスキンケアでニキビ予防

水溶性のビタミンCは皮膚のバリア機能を通過できないので表面だけで皮脂のコントロールをするのみです。でもAPPSは皮膚のバリア機能を通過できるので奥まで浸透してビタミンCに変化し効果を発揮します。ニキビの炎症がひどい場合は皮膚科で抗生剤を処方してもらい炎症を抑えることは必要です。

ビタミンC誘導体だけで改善しようと思い込まず、ニキビの状態をしっかり確認してそれにあったケアを組み合わせることがニキビを早く抑えきれいな肌に戻す大事なポイントです。