赤ぐすみ 原因を知って対策しよう

赤ぐすみの原因

顔が赤くなったいませんか?それは赤ぐすみかもしれませんよ。赤ぐすみは顔全体、というより一部分やところどころが赤くなる傾向です。意外に目立つくすみなので何とか改善して透明感あるメイク映えするお肌になりたいものです。でもなかなか良くならないのが赤いくすみ・・・・

 

赤ぐすみってどうしてできるのでしょうか?できやすい人には特徴があります。どちらかというと皮膚が薄い人よりも厚く皮脂が多めの肌質が多いようです。

 

皮膚が厚いということは古くなった角質がはがれずに積み重なっている可能性が大。このような状態は肌が新しく生まれ変わるサイクル、ターンオーバーが遅くなっているかもしれません。そのため肌をさわると硬く柔軟性がありません。

 

インナードライに注意

皮脂が多いので全体的に脂っぽく見えたりとても強そうな肌に見える傾向ですが、意外に内部では乾燥気味のインナードライということが考えられます。

 

皮膚の乾燥が続くとバリア機能は低下し外からの刺激に弱くなり、ちょっとしたことで炎症を起こしてしまいます。炎症は皮膚の内部で出血やダメージが起きているということ。ニキビが治ったあとも赤くなることがありますが、それに近い状態でしょう。

 

炎症が起こっている状態の赤ぐすみをほおっておくと、皮膚が更に厚くなり凸凹ができることがあります。

 

赤ぐすみ改善のポイント

 

正しいクレンジングと洗顔

赤ぐすみを改善するには積み重なった角質を落とし乾燥しないように保湿に心がけることです。角質を落とすためには正しいクレンジングと洗顔をマスターすること。クレンジングの際にはなるべくゴシゴシこすらなくてもメイクや汚れがしっかり落ちて肌に優しいものを選びましょう。

 

保湿は念入に

洗顔は今で歯常識になっている泡洗顔。たっぷり泡立てた泡で肌を包込むように洗い力を入れないことです。すすぎは洗顔料が残らないように丁寧に。洗顔後は当たり前ですがしっかりと保湿し水分が蒸発しないようにクリームやオイルなどでふたをします。

 

赤ぐすみのできやすい人は皮脂が多い傾向にあるのでクリームやオイルは省略してさっぱりしたスキンケアをする傾向がありますが、肌の内部は乾燥しているのでオイル分で水分をしっかり閉じ込めることは必須です。

 

炎症を抑えるビタミンCスキンケア

赤ぐすみは皮膚に炎症が起こってる傾向なので、抗炎症作用のある成分を配合したスキンケアが効果的です。抗炎症作用の代表的な成分はビタミンCです。ビタミンC過剰に出る皮脂のコントロールもしてくれるので一石二鳥ですね。

 

>>>ビタミンCの働きの詳細はこちら

 

ビタミンC誘導体よりも浸透力があるという純粋ビタミンCのお試しトライアルが激安です、

 

>>>純粋ビタミンCスキンケアお試しトライアルはこちら

関連記事

記事はありませんでした

ビタブリッドCフェイスを使った50代の口コミ

  ビタブリッドCフェイス50代の口コミ &nb

ビタブリッドCフェイス お試し体験談 実際に使ってみました

ビタブリッドCフェイス お試し体験談   ビタブリッ

ビタブリッドCフェイスの悪評はほんと?実際に試してみた結果は?

ビタブリッドCフェイスのお試し体験談   ビ

ビタブリッドCフェイスのクーポン 1,000円で購入する方法

ビタブリッドCフェイスを1,000円で買える!?  

プロラヴィッシュ パーフェクトセラム最安値をさがせ! マイナス7歳になれる?

プロラヴィッシュ パーフェクトセラム最安値 プロラヴィッシュ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑